[共通メニューを飛ばして、このページの本文へ移動する]

ATTTアワード表彰式

表彰式3月11日 午後

① 先進安全・環境技術部門 情報通信技術を用いて、安全・環境分野において革新的取り組みとなった製品/サービスに授与する。
優秀賞 ボルボ・カー・ジャパン 「XC90」

② 自動運転/AI部門 自動運転の実現に寄与する機能や技術をはじめ、自動車の高度な進化を推進させるAI関連技術などを対象に授与する。
優秀賞 NVIDIA 「DRIVE PX」

③ コンテンツ・サービス部門
 交通関連のアプリ市場において、先進的かつ画期的なスマートフォン・タブレットPC向けアプリを対象に授与する。
優秀賞 株式会社ナビタイムジャパン 「カーナビタイム/ナビタイムマイレージ」

④ 社会ソリューション部門
 高齢化、過疎化などの社会的な課題に対しITを活用したサービスや技術などのソリューションを提供している企業、および団体を対象に授与する。
優秀賞 東日本旅客鉄道株式会社 「JR東日本アプリ」

⑤ 最優秀賞 ATTTアワードの主旨を鑑み、本年度最も優れた商品・サービスに授与する。
メルセデス・ベンツ日本株式会社 「Intelligent Drive」

⑥ 特別賞 特別賞は、自動車のIT化、テレマティクスの進展に貢献が大きかった企業、団体に授与する。
株式会社ソラコム IoT通信プラットフォーム



実施概要

国際自動車通信技術展・実行委員会では、前回に引き続き国際自動車通信技術展の開催に併せて、ATTTアワードを実施します。モバイル、IT、モビリティの融合による技術革新によって開発された商品、サービスやソリューションについて、4つのテーマで部門を設け表彰させていただきます。

ATTTアワード募集部門

先進安全・環境技術部門

情報通信技術を用いて、安全・環境分野において革新的取り組みとなった製品/サービスに授与する。

自動運転/AI部門

自動運転の実現に寄与する機能や技術をはじめ、自動車の高度な進化を推進させるAI関連技術などを対象に授与する。

コンテンツ・サービス部門

交通関連のアプリ市場において、先進的かつ画期的なスマートフォン・タブレットPC向けアプリを対象に授与する。

社会ソリューション部門

高齢化、過疎化などの社会的な課題に対しITを活用したサービスや技術などのソリューションを提供している企業、および団体を対象に授与する。

ATTTアワード選考委員会

国際自動車通信技術展を中心とした有識者で選考委員会を組織し、選考させていただきます。

選考委員長 夏野 剛 (慶應義塾大学大学院 政策メディア研究科 特別招聘教授)
選考委員 神尾 寿 [ジャーナリスト(IT・自動車)]
林 信行(ジャーナリスト)
西田 宗千佳(ITジャーナリスト)
三浦 和也(株式会社イード レスポンス編集長)
園部 修(アイティメディア株式会社 スマートコンシューマー事業部ガジェット副統括部長)
岩貞 るみこ(モータージャーナリスト)
遠藤 諭(角川アスキー総合研究所 取締役 主席研究員)

ATTTアワードのエントリーについて

本サイトにて自薦、他薦問わずエントリーする事が出来ます。詳細については「募集要項」を参照ください。エントリーについては「エントリーシート」に必要事項を記入の上、下記問い合わせ先のメールアドレスへ「エントリーシート」を添付送信してください。募集要項エントリーシート(Excel)は下記よりダウンロードしてください。

  • ATTTアワード 募集要項
  • エントリーシート

選考基準について

エントリーされる商品・サービスは2015年3月14日(土)~2016年3月16日(水)までに上市された商品、サービス(第6回国際自動車通信技術展の会期終了後から第7回展の会期初日)に限らせていただきます。エントリー受付終了後、2月中旬に選考委員会を開催させていただきます。 ※アワードの選考にあたり、補足資料として、商品・サービスが掲載された資料・画像データのご提供をお願いする場合がございます。

募集期間

2016年1月15日(金)~2016年2月10日(水)

結果発表

2016年2月下旬に受賞者へ通知すると共に、2016年3月16日(水)に開催される表彰式のご案内を致します。

お問い合わせ先

ATTTアワード運営事務局
東京都中央区築地3-3-2 NEWS築地 9F(株式会社ジェイシーレゾナンス内)
Phone: 03-5565-1642
FAX: 03-5565-6909
担当:鈴木 award@attt.jp

[バナー]
  • atttアワード表彰式
  • International Auto Aftermarket EXPO ~第13回国際オートアフターマーケット EXPO2015
  • メディアパートナー
  • ITpro
  • ITmedia Mobile
  • ITmedia プロモバ
  • Response.
  • RBB TODAY
↑ページのトップへ戻る